アナログにっき。

自分らしく自由に生きる専業主婦。2人暮らし。考えることと書くことが好き。

常に正しくいる必要ってあるのかな

 

わたしの母は、「でも」と「感謝の気持ちは忘れちゃいけない」が口癖でした。

学校でのつらかった出来事を話しても、返ってくるのは「でも感謝しなさい」だったり、自分でもよくわからない寂しさと悲しい気持ちでいっぱいだった時には、「感謝の気持ちが足りないから」と言われたこともありました。

母の言うことはいつも正しくて綺麗で、非の打ち所がないくらい正しくて、だけど、傷ついている時のわたしの心には響きませんでした。

子どもの頃のわたしは頭ではいつも感謝していましたが、心の底から感謝の気持ちが湧いてくる感覚を覚えたことはありませんでした。

 

「つらくても悲しくても感謝感謝」な環境で育ったので、わたしは絶対的に正しくて綺麗なことに対して、若干のアレルギー反応があります。

アメリカに留学していた際にカトリックの街に住んでいたことがあったのですが、合わなくてすぐ別の場所に移りました。

絶対的に正しい人や物事って、四方八方から光が当たっている気がして、本心が見えなくてなんだか寂しいんです。

もちろん、どんな時も誰に対しても誠実でいられる人ってすごいなぁ、素晴らしいなと思います。人として絶対に超えちゃいけないラインや見失ってはいけない道理があるのもわかっています。

けど、その超えちゃいけないラインって、常に正しくいなきゃあっさりと超えてしまうものなのでしょうか?正論より人間の気持ちの方を大切にするべきシチュエーションって、結構多い気がするんです。

人って、おなかのいちばん深いところに根っこが張ってさえいれば、常に一本筋の通った正しい自分でいる必要なんてないと思います。

 

わたしは13歳で摂食障害になってから「もう大丈夫」な状態になるまでの約10年間の間は、全然正しいとは言えない自分でなんとか生きてきました。

全然優しくなんかできなかったし、笑えなかったし、周りに迷惑がかかるような行動もしたし、ダメだとわかっていても汚い言葉を使ったり。

「わたし何やってるんだろう」って、惨めで虚しくてみっともない気持ちをいっぱい感じながら過ごしてきました。

でも、そういう風にして、正しくいられない自分を身を以て経験してからは、同じように正しくいられなかった他の人たちのことをゆるせるようになりました。

両親のことだってそうです。

母も父も世間体一筋でいなきゃ保てなかった部分があるんだろうなって思いました。

2人とも田舎の狭いコミュニティで育って、大きなプレッシャーの中で暮らしてきて、わたしの心に向き合う余裕はなかったんだろうな、大変だったんだろうなって。そんな中で家事も仕事もしてくれて、学校に行かせてくれて、そこは本当にありがとうって思います。

そんな気持ちが、自然に湧いてくるようになりました。

それに、わたしが多少ポーッとして生きてても人の道を外さないでいられるのは、絶対的に正しいことだらけの家と学校で培われた部分があるからなのだとも思います。

 

わたしは、嫌な自分になって惨めな気持ちを感じる経験をすることができて、ホントよかったなって思っています。

正しくいられない人に対しても受け止めたいっていう愛情を持てるようになれたし、何より、もうカッコ悪い思いをしてでもいいから自分が本当に生きたいように生きようと腹が据わりました。

人間らしさを求めていきたいと思うようになりました。

人として見失ってはいけないものを根っこの部分に持ったまま、人間として生きて、人間としてしんでいきたいです。

 

 

この記事を書いていて思い出したのですが、前に通っていたカウンセリングルームに、当時のわたしと同じ摂食障害に苦しんでいて、物を盗る癖がある子がいました。(摂食障害と万引きは根本的に求めているものが一緒なので、並行して発症することが結構多いそうです)

周りからどんなに脅されても諭されてもその癖がなくなることはなく、いよいよ危ないかなという時に、ある人がその子に対して「刑務所に入っても会いに行くからね」と言ったことがきっかけで、以来、パタリとその癖がなくなったそうです。

人を変えられるのは正論ではなく、結局、愛情だけなのだと感じた出来事でした。

 

 

 

自分ルールを持つのっていいかも!

 

以前、ある方が、「過去の感情にとらわれて苦しい」「一日中、そのことばかりを考えてしまう」という悩みを打ち明けてくれました。ものすご〜くわかります。

話を聴いていて、終始、「わかる〜」「だよね〜」の連続でした。

わたしも過去の感情にとらわれて苦しんでいた時期が本当に長くありました。

 

よく巷では「過去は変えられないし、未来は予測できないのだから、今を生きよう!」という言葉を耳にしますが、すごくカッコいい響きだと思いますが、そんなんできたらとっくにやっとるわーとも思ってしまいます。

もちろん、地に足つけて今に集中して生きることができたならそれ以上のことはないと思いますけど、でも人の心ってもっと複雑にできている気がします。

過去や未来のことは関係せず、今だけで生きることができる人って、そこそこ鈍感な人とか、それか毎日とても忙しく暮らしている人くらいなんじゃないかな...と思ったりします。

 

昔のことはどうすることもできないと頭ではわかっていても心の中に長居し続けるのは、それだけ衝撃が強くて、一人じゃ処理しきれないくらいしんどくて、今でもまだ消化しきれていないってことですもんね。 

わたしは、「よし!もう悩まないようにしよう」と決めていたとしても、ふと気がついたら同じことをぐるぐるぐるぐる悩んでしまっていたり、「他のことに集中しよう!」と決めても、他のことをやりながらも嫌な記憶ばかりにとらわれてしまったり。。

なので、悩まないのはもう無理ですのであきらめて、「どうすれば悩まなくなるか」ではなく、「悩んだ時にどうするか」の方にシフトすることにしました。

悩みが襲ってきて、頭の中をぐるぐる回り始めた時に、悩んでしまう自分を否定したり無視したりするのではなく、「しんどいよね〜」「生きてりゃ色々あるよね〜」と共感して寄り添うことにしました。

そして、「今日は好きなことしていいよ」と自分をゆるして、自分の中にいる昔の自分と昔の感情に対して、自分自身がいちばんの味方でいることにしました。

自分に優しくすること、例えば、レンタル料とか関係なく本当に興味のある映画を観たり、コンビニに走っていつもは買えないちょっと高めのスイーツとかを買ってあげたりしました。(一例ですよ

 

これはホント一例ですけど、こんな風に、「今の自分が何を求めているのか」を基準に決めた「自分ルール」を持つこと(わたしの場合は、悩んだ時に悩まないようにするのではなく、寄り添うこと)は、しんどい状況から少しでも良い方に行くためのベストな方法な気がします。

「みんながそうしろと言っているから」ではなく、「本ではこれがいいと言っているから」でもなく、「自分はどうしたいのか」を基準に決めた自分ルールです。

 

自分の気持ちを軸にして決めて、それを行動に移す経験を一つ一つ積み重ねていけば、鎖みたいに、「自分が望んでいる場所」につながっていくと思います。

今いる場所から見ている時はわからないけど、後から振り返った時に初めて、「全部つながっていたんだな」とわかるのではないかなと思います。

 

 

  

完璧じゃないからこそ愛おしい!

 

今日のハウスには、短い営業時間にもかかわらず、たくさんの方がお越しくださいました^ ^ 前半は、学校や教育のお話をしました。そして後半は、ある方のある恋について、みんなで輪になって語り合いました。初めて会う時は緊張してしまうし、デート後のメールに何て返信すればいいのかってわからないでよね。相手のことを思いやっているからこそのことだと思いました。そんな中、人って完璧じゃないからこそ愛情が生まれるのかなって、一人ひそかに思っていました。

好きな人や気になっている人の前で、緊張せずに自分の素敵な部分ばかりを見せることができたら、そして悩まずにいられたら、そりゃあいいかもしれないですけど、でも人間ってそんなにシンプルにはできていませんよね。緊張しないようにしたって緊張するし、どうしたって悩むものは悩みます。かくいう、わたしも不完全を絵に描いたような人間なので、緊張しないように1分前に深呼吸していたとしても、ふと気がついたらばっくんばっくんしていたり、イメージの中ではクールにきめていたとしても、実際にやってみたらカッコ悪い失敗の連続だったり。でもその「完璧じゃない部分」って、誰かにとっての「愛しい部分」にもなると思うんです。逆に言えば、その「完璧じゃない部分」がなかったら、誰かにとっては完璧じゃなかったり。何が完璧かって、人によって違うと思うんです。

うちは、父親が頑固で我慢強くて弱音を吐かないザ・東北人だったので、わたしは男の人が弱音を吐いたり涙を流したりする姿を見ると、ものすごく惹かれます。こう、なんていうか、こう、喉の奥をぎゅ〜っとつかまれるような?感覚になります(無視してください笑)男の人に限らず、同性でもそうです。「こうあるべき」とか「こう見られたい」いうものを超えたところにある、弱い部分も汚い部分も全部含めた姿で生きている人に遭遇すると、清々しくてカッコいいな〜って魅力を感じます。世間一般的には、強くて弱音を吐かない人が完璧なのかもしれないけど、自分にとってはその逆で、自分を大きく見せないでちゃんと弱音を吐いて生きている人こそが完璧な人です。

だから、わたしは個人的に、どこかの誰かが勝手に作った「世間一般的な完璧像」にとらわれる必要なんて全くないと思います。「お互いにとって完璧かどうか」だけが大切だと思います。

その、パズルがぴったりはまるような感覚の、たった一人の人は、誰にでも存在すると思います。ロマンチストだと笑われてしまうかもしれないけど、結構本気でそう思っています。

 

 

一つの物事には、たくさんの側面がある

 

最近、人の心に向き合う活動をしている中で、感じていることがあります。

それは、一つの物事は、たくさんの側面から成り立っているということです。

 

同じ景色を見て「とても綺麗だった」と言う人もいれば、「あまり綺麗じゃなかった」と思う人もいて、そのどちらかだけが正解ということはないと思います。

多面的な物事の、それぞれ違う側面を見ているだけのことで、それぞれが自分の見ている側面が正しいと感じているだけだと思います。

だから、一概に「これが正しい」とか、「これは間違っている」とは言い切れないし、答えは存在しないと思います。

あなたの感じていることもわたしの感じていることも、それが率直で正直なものであれば、どちらも正解、どちらもオッケーだと思うのです。

 

だけど、10人いたら9人が良いと思うものが「一般的にも良いもの」と決めつけてしまうコミュニティーも存在します。

わたしがお話を聴かせてもらう方々のほとんどが、この10人中の残りの1人の方に属していて、誰かが勝手に作った「こうあるべき」という無言の常識のようなものに押しつぶされている方もいます。

優しくて周囲を気遣える人たちだからこそ、「こうあるべき」に必死に合わせてしまい、心がくたくたに疲れてしまったり、劣等感を感じながら過ごしたりしています。

 

どんな気持ちや感情や意見も、まずは尊重して、認めて、受け止めることが大事だと思います。

もちろん、「共感することができない側面」もあります。

だけど、"受け入れる"まではいかなくても、話を聴いて、「あなたはそう思うんだね」と理解して、"受け止める"ことはできます。

ひょんな時に、その「共感することができない側面」からハッと何かに気づかされる場面に遭遇することもあります。

 

見方や角度を変えれば、どんな側面にも自分のためになる何かがあります。

たまに、「自分の見ている側面が絶対的に正しいのだから自分に合わせなさい!」という大人に出会ったりするけど、劣等感からくる自信なのかもしれないけど、わたしはそんな風な歳の取り方はしたくないです。

90歳になったって、0歳の赤ちゃんから気づかされることはたくさん存在します。

気づけるかどうかは、自分の視野の持ち方次第だと思います。

 

わたしはめちゃめちゃ頑固だけど、物の見方は柔軟でありたいものです。

 

 

 

ニュートラルなところで

 

今日のハウスには、お久しぶりの方が数名と、初めましての方がお一人いらっしゃいました。夜になるまでは、平日らしく少人数でゆっくりお話させていただく時間となりました。そんな中で、今日特に印象に残っているのが、ある方とお話しさせてもらった「現実味のないハッピーエンドはあまり好きじゃない」といった内容での、「大切な部分をうやむやにして、無理やり丸く収めるのには違和感がある」「負の部分に蓋をして無理やり日の当たる部分だけにスポットライトを当てている感じは嫌だなぁ…」といった意見でした。個人的にとてもタイムリーな内容だったこともあり、深く共感しました。

実はここ何日かちょっと落ち込んでいたのですが、気持ちが着いて来ないにも関わらず、無理やり良い方に持って行こうとしていた自分がいました。わたしが育った環境では弱い部分や暗い部分は出すと否定されてしまうもので、今でも自分のそういった隠の部分を否定してしまう癖が残っていて、なかなか落ち込みやすい自分に優しく寄り添えずにいました。だけど今日、陰陽のどちらも含めたあるがままの感情を開示してくださった方がいたことで、「存在するものは必要だからそこにあること」を思い出しました。悲しいと嬉しいは表裏一体だったことを思い出しました。

だから、そこにあるものをないものにしたりしないで、見ないようにしたりしないで、だからといって変に飲み込まれることもなく、ニュートラルなところで客観的に見ることのできる自分でありたいなと思いました。自分にとって何が大事なのかを見失わない自分でありたいな、変に引っ張らないでドシっと構えて待っていてあげたいな、大切な人たちにはそんな風に関わっていきたいな、改めてそんなことを思った一日でした。

そんな気持ちで眺めた新宿の時計台は格別に綺麗でした(^^)